本日お届けするコーヒー豆はグァテマラ。
私が大好きなコーヒー豆で、フルシティローストの状態でサイフォンで淹れられたコーヒーは、口当たりまろやかでありつつ、カップに淹れられた後の温度変化でも味を楽しめます。

 

グアテマラというと、日常ではあまり聞きなれない国名ですが、
味覚が繊細な日本人の舌にも愛されている豆で、その消費量はブラジル、ベトナム、コロンビア、インドネシアの豆に次いで5位(※)。
※2013年財務省調べ

 

実感として、最近のサードウェーブ系の店や昔からの喫茶でもメニューによく入っている豆なので、最初にお伝えした楽しみ方以外にも、それぞれのお店の焙煎や淹れ方で、味や風味の違いを楽しめます。

 

コーヒーを自分で入れたり、毎日飲んでる方には日常のことですが、

  • まだコーヒーを飲み始めたばかり
  • 好きになったばかり

の方はわかりづらいかもしれませんが、同じ国の豆でもお店の個性が出るので、その辺りの味の違いを楽しんでお気に入りの1杯を探してみるのも、楽しみの一つです。